Now:TOP/games/artwork/introduction


機械の少女が紡いだ記憶 -後編


coming soon...




【機械の少女が紡いだ記憶 -後編】



P.D.creations製作「機械の少女シリーズ」第2弾『過去編』、全3部作の「後編(完結編)」です。
前作『夢見た世界』では語られなかった真実……そのすべてが今、明らかに。

前作↓


※前作「機械の少女が夢見た世界」の過去編として製作されていますが、未プレイの状態でもお楽しみいただけるように製作してあります。



----------------------

【新システム『敗北エンド』実装】

後編からは新しいシステム『敗北エンド』が実装されます。
敗けられない戦いに敗北してしまった主人公の末路を描いた疑似マルチエンディング形式のイベントです。
詳しくは『new system』ページに記載していますので、そちらをご覧ください。

----------------------

【後編も敵キャラ約50体、イベント約100シーン】

従来通り後編も敵キャラ1体につき搾精イベントが2シーン、また特定の敵には新システムの『敗北エンド』が存在するため、場合によっては1キャラに3シーンの搾精イベントがあります。
(※敗北エンドは一部仕様が異なります)

1シーンにつき3,000字程度ですので、前・中・後編合わせると敗北イベントだけで100万字を超えるボリュームになります。

後編でも変わらず戦闘・イベントともにすべてアニメーションし、衣服・下着を脱衣させられます。

色違いの敵といったような流用も一切なく、前編・中編で使用したアニメ素材も一切流用していません。
100シーンすべて新規に製作しています。
(※記載の数字にはアップデートの内容を含みます)

----------------------

【戦闘・敗北イベントの回想機能を実装】

前編・中編の内容に後編を追加する形となりますので、後編実装後もいままでの回想も行っていただけます。

一部イベントを除き、前編や中編で訪れたエリアなども同様に訪れることができますので、基本的にイベントを取り逃していても回想シーンが回収不能になることはありません。(※周回プレイの必要はありません)

----------------------

【敗北イベントのプレイ傾向】

身体の一部を機械に置き換える『機械化』や、動物と人間を組み合わせた『アニマロイド』の登場が多くなり、後編はより多様なシチュエーションが実装されています。
また『敗北エンド』の実装により、前編・中編よりも比較的ハードなプレイも多くなっています。

例:
・機械の腕で宙づりにするように持ち上げられ、口で犯される
・圧倒的な野生の力でねじ伏せられ、本能のままに精液を搾り取られる
・敗北後に捕虜として牢に監禁され、看守たちに輪姦される など

また戦闘する相手は1対1とは限らず、多人数を相手にする機会もあります。

プレイ傾向:
騎乗位、手コキ、足コキ、パイズリ、フェラ、顔面騎乗、シックスナイン、おねショタ(体格差)、誘惑、ニオイ責め、踏みつけ、輪姦、逆アナル、掃除道具(掃除機など)、ヤンデレ、脅し(銃・包丁など)、搾精機 etc...

特殊プレイ(機械化・アニマロイドなど)の一部:
電気責め、力負け、体格差、ケモ、母乳責め、宙づり状態でのフェラ、抱えられ身体ごと動かされるパイズリ、機械尻尾搾精、お尻ぺんぺん etc...

※足コキの際の脱衣差分なども製作しています。

※記載の内容にはアップデート分を含みます


新システムのご紹介


※ご注意点


coming soon...


coming soon...


予告ページはこちら!