Now:TOP/games/artwork/battle


機械の少女が紡いだ記憶 -後編


coming soon...


後編ゲーム概要



【敗北エンドとは?】



後編から追加される新システム『敗北エンド』は、従来の戦闘後に流れる敗北イベントとは別に、完全に新規で製作される専用イベントです。
敗けられない戦いで主人公が戦闘で敗けてしまった場合、その後どんな結末を迎えてしまうのか……。
そんな主人公の末路を疑似的に体験できる、いわばマルチエンディングのようなイベントです。

【敗北エンドの仕様】
「敗北エンド」は通常の戦闘後に流れる回想イベントとは別に、完全に新規で製作される専用イベントです。
一部のボスキャラなどに設定され、戦闘に敗北して回想イベントが流れた後、敗北エンドのイベントへと移行します。

例:
従来の戦闘時(立ち絵あり)の基本イラストは
・立ち絵戦闘用アニメ
・性技戦闘用アニメ
・凌辱モード用アニメ
の3つでしたが、後編ではさらに「敗北エンド」用のアニメも製作されます。
よって敗北エンドありのキャラは、1キャラあたり3シーンの回想イベントが実装されることとなります。

なお敗北エンドを迎えてしまっても、ペナルティなしで少し前の段階からやり直すことができます。

【敗北エンドの傾向】
敗北エンドは通常の戦闘後の回想よりも、より一方的で抵抗の許されない状況での逆レイプシチュエーションが多くなります。
例えば
・城の牢に罪人として繋がれ、女兵士たちに次々と慰み者にされる
・ヤンデレ娘に監禁され、毎日のように過剰な愛をその身に受け続ける
・次期女王に背いた罪として、女王の椅子となりその一生を遂げる
・アニマロイドに連れ帰られ、種馬としての生涯を遂げる
……など、「もしも敗けてしまった場合の悲惨な結末」が描かれます。

※上記の内容は予定です。都合により変更となる場合もあります。

※ご注意点


coming soon...


coming soon...


予告ページはこちら!